浸水は大きなリスク

浸水は大きなリスク iPhoneは素晴らしい機能を持つ最新型のスマートフォンです。ただし水には弱いので要注意です。水滴がつく程度では故障しません。傘をさしている状態でiPhoneを操作する程度なら、故障のリスクは限りなくゼロでしょう。汗やペットボトルからの水滴が僅かにつく程度でも基本的に問題はありません。
iPhone自体が水の中に浸かる位の状態は危険です。例えばiPhone本体をうっかりとお風呂に落としてしまった場合です。本体が浸水し、内部まで浸透すると部品がショートする懸念があります。時間にして、ほんの少しの間だったとしても、浸水して部品が壊れてしまったら保存していたデータが全てダメになります。
他にもトイレの便器に落としたり、庭のバケツに水没させたり道端の水路やアウトドア中の川や海など、想像以上にスマートフォンを水没させてしまう場所は多いです。テンションが上がっていると、人は注意散漫になります。水濡れは大敵であり、防水仕様のケースが大事です。

防水性能はどの程度期待することができるのか?

防水性能はどの程度期待することができるのか? iPhoneは基本的に水に濡らしてはいけませんが、7以降の機種には防水機能が施されています。しかしそれは完全なものではなく、あくまでも耐水性が備わっている程度で、防滴や防塵性能があると言った感じです。
たとえばお風呂で使うまでには至っておらず、水没させている時間が長すぎると故障する可能性があります。水温や入浴剤は考慮されていないので、お風呂の水蒸気や入浴剤の成分がiPhone内部に入り込むと故障の原因になるかもしれません。水があるところで気にせずに使用するには、防水ケースはつけたほうが良いです。
iPhoneがどれくらいの水流や埃に耐えられるのかは気になるところですが、防沫性能や耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではないと考えるべきです。通常の使用によって耐性が低下する可能性があるので、むやみに濡らしたり粉塵の舞う環境で使ったりすることは好ましくないと言えます。ただ特に神経質になる必要はなく、万一濡れてしまっても壊れる可能性が低い程度と受け止め、保険程度に考えておくのが無難でしょう。

新着情報

◎2018/11/2

浸水は大きなリスク
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

故障したら専門業者に依頼
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

iPhoneの液晶部分はデリケート
の情報を更新しました。

◎2018/4/4

タッチができないiPhone
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「iphone 浸水 」
に関連するツイート
Twitter